生ものの記録 from からから亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 『機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- 』鑑賞 ★★☆

<<   作成日時 : 2005/11/18 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 噂どおり、確かに凄いスピードで展開し、シチュエーションの把握は難しい。
 が、そもそもTVシリーズ版でも敵味方の立ち位置は把握し難かったわけで、映画版はある意味展開が速いために難しく「謎」のシチュエーションが解決するのも早く、TVシリーズに有った「ついていくのが辛い感覚」は、却って少ない。展開の速さに救われているわけだ。
 カミーユとジェリドの因縁の始まりである「女の名前事件」が無いのは説明不足ではあるが、カミーユの「やたらにキレる少年」のキャラクターを控えたいという監督の趣旨のためかもしれない。
 実際カミーユの性格めちゃくちゃ感が少ないためにとっつきやすくもある。
 絵は、新作カットの違いはたしかに有るが、違和感はあまり無い。
 CGで作りこまれた構造物や、コックピットの計器類はなかなか良い。そもそもZのコックピットの表示は案外「手抜き」っぽかったのが、新作は違和感無くリアリティーを増していていい仕事だ。
TV番のDVDは色が濁って悪いのも難点だったが、そこは旧作カットの部分でもクリアになっているし、単なる色補正に留まらず、中でも瞳の色とか、女の唇とか、部分によって印象的な発色に作りこまれているようである。これは非常に効果的だ。
 「百式」の金色に関しては恐らく丹念に手が加えられており、漏れなくツヤ増量。 もう「アニメでは黄色の百式」などとは言わせない…という意気込みが感じられるのではないだろうか?
 音楽は、Gacktの曲が想像以上に「骨太感」が効いていて良い。 オリジナルもポップス系の主題歌だったけれど、並べてみればはるかに映画版のほうがフィット感がある。いい仕事だ。
 そして、この曲と一緒に延々と横スクロールしている宇宙空間の美しさも素晴らしい。こいつは宇宙一美しい?(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- 』鑑賞 ★★☆ 生ものの記録 from からから亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる